2015/01/09

2015年01月09日

2015/01/09

木津川市加茂町に、NPO加茂女さんを訪問しました。NPO加茂女さんは、放置竹林が地域の荒廃を招くとの思いを持って、一貫して「竹」の利用促進をテーマに特色ある取組を進めておられます。「竹粉」を食材として利用した“おやき”の商品化、「筍」の新たな用途開発“筍するめ”等もその一例です。京都「山城の森」の最大の課題と言っても良い「放置竹林」問題の解決に向けて、「竹産業クラスター」の形成につながる食材開発のプロジェクトなどに共同して取り組めることを願っています。